大正大と豊島区、1年生に「豊島学」講座

2014/4/5付
保存
共有
印刷
その他

大正大学(東京・豊島)は1年生向けの講座として、豊島区の職員らがまちづくりや地域の魅力などを教える「豊島学」を開講する。単位を認定する基礎科目で、1講座15回の授業を予定する。部課長クラスの現場担当者が政策形成の事例や課題などを伝え、地域に根づいた人材の育成を後押しする。

区と連携協定を結び、8日から講座を始める。高齢者問題や防災、コミュニティーづくりなどを区の担当者が講師となって2学期にわたり講義する。初回と最終回は高野之夫区長も講壇に立つ予定。受講者にはリポートを課す。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]