/

米特許管理会社、富士通・パナソニックなど提訴

米テキサス州の特許管理会社がこのほど、オフィス機器のモニタリング技術の特許を侵害しているとして、複数の日本企業に損害賠償などを求める訴訟を米テキサス州東部地区連邦地裁マーシャル支部に起こした。同支部は原告に有利な判断が出やすいといわれ、米国で知的財産関連の訴訟が集中している法廷のひとつ。

訴状などによると、提訴された日本企業は富士通、パナソニック、アルパイン、京セラの現地法人や関連会社。日本企業以外では米アップルやヒューレット・パッカード、台湾のエイサー、中国レノボなどが提訴されているもようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン