ゴルフ会員権下落続く 優遇税制廃止が影響

2014/3/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ゴルフ会員権の取引価格の下落が続いている。3月末に会員権の売却損に対する実質的な優遇税制が廃止されるため、節税目的の売り注文が集中している。年度末を迎え企業からの売却も多い。全国の平均価格は年初から2%、昨年6月の高値からは1割弱安い。比較的低い価格帯の会員権の売りが多い。値下がりを受け、今後は買いが増えるとの見方も出ている。

仲介最大手の住地ゴルフ(東京・中央)のまとめでは3月3週目の全国の平…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]