神奈川県立がんセンター、漢方の専門外来を新設

2014/3/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神奈川県立がんセンター(横浜市)は、4月からがん治療の幅を広げる。従来の外科手術や、抗がん剤による化学療法に加えて、漢方の専門外来を開設するほか、人の免疫の力を引き出してがん細胞をたたく「がんワクチン療法」の臨床研究を始める。がんセンターは京浜臨海部の生命医療関連の特区の指定区域に昨秋追加された。中核拠点としてがんの治療や研究の機能を高め、対策を強化する。

4月1日に「漢方サポートセンター」と「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]