/

この記事は会員限定です

新潟大、低たんぱく食で寄付講座 亀田製菓など4社と

[有料会員限定]

新潟大学は4月、亀田製菓など県内の食品加工メーカー4社と協力して食事や栄養療法に関する寄付講座を設ける。低たんぱく米など、腎臓病患者向けの食事療法として期待される「低たんぱく食」の科学的根拠を研究するのが目的。患者数の増加や医療費の膨張に歯止めがかからない中、医療や食品分野の産学連携をオール新潟で進める。

大学院医歯学総合研究科に開設する寄付講座は病気ごとの栄養療法などを扱う「病態栄養学」。亀田製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン