太陽光発電、LED照明の電源に サンコネックスがシステム

2014/3/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太陽光発電システム施工のサンコネックス(鳥取市)は、太陽光パネルで作った電気を直接、発光ダイオード(LED)照明の電源にするシステムを開発した。天候が変わると照明の明るさも変わるが、商用電源と併用し明るさを維持する。店舗やオフィスなど照明を常時点灯する場所で電気代を抑えられるという。

新システムは既存の商用電源と併用する。太陽光パネルで発電した電気の電圧や電流を、独自に開発した制御装置で検知する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]