2019年2月23日(土)

STAP細胞、解明へのシナリオ 遺伝子解析 決め手

2014/3/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

理化学研究所は小保方晴子研究ユニットリーダーらによる新型万能細胞「STAP細胞」の論文に多数の誤りがあると認め、発表した研究者らが再現実験を急いでいる。まだ結論は出ておらず、発表論文や曖昧な説明では真偽がわからないとの批判は多い。だが内外の専門家の指摘から、真実の証明に至るシナリオも浮かんできた。

幹細胞や発生生物学の専門家によると、STAP細胞の有無は幾つかの条件を明らかにすれば証明できる。ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報