/

この記事は会員限定です

FSO、パイロット育成を本格化 高機能シミュレーターを導入

[有料会員限定]

フライトシミュレーターを用いた操縦体験サービスを手掛けるFSO(沖縄県沖縄市、玉那覇尚也社長)はパイロットの育成事業を本格化する。高機能のシミュレーターを導入し、受け入れる訓練生を2~3年後に100人程度と現在の約5倍に増やす。相次ぐ新規参入などで航空業界では操縦士が不足しており、需要があると判断した。

2月に米プレシジョン・フライト・コントロール(PFC)社製の最新型シミュレーター「MFD」を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り996文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン