坂ノ途中、ウガンダで野菜販売 富裕層取り込む

2014/3/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

有機・無農薬野菜販売の坂ノ途中(京都市、小野邦彦社長)は今夏にも、アフリカ東部ウガンダで野菜販売に乗り出す。現地農家に栽培方法を指導し、15種類程度の野菜を首都カンパラに住む富裕層や現地の外国人に売り込む。ウガンダで伸びている高品質な野菜の需要を取り込むほか、現地の農業振興に役立てる。

ナスやセロリ、トマト、キュウリなど乾燥した気候にも強いとされる野菜を今春から栽培する。4月からは現地に社員が常…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]