「ドコモに支配力なし」 独占規制、29年目の転機(真相深層)

(1/2ページ)
2014/3/20 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTグループを縛ってきた独占規制が転機を迎えている。総務省がNTTにだけ認めていなかった携帯電話と自宅で使う固定通信のセット割引の解禁などを検討し始めた。旧電電公社の民営化でNTTが発足してから29年。総務省を動かしたのは何だったのか。

2月末、富士通、NTTドコモ、NECが共同出資するスマートフォン(スマホ)向け半導体開発会社が近く清算するというニュースが伝わった。資金不足で競争力のある製品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]