7万円切る3Dプリンター 台湾から世界に売り込む

(1/2ページ)
2014/3/21 7:00
保存
共有
印刷
その他

台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手、新金宝グループは低価格の3Dプリンターで攻勢に出る。EMSで培ったプリンターの設計ノウハウや製造体制を生かし、7万円を切る製品を開発。店頭販売を始めた日本のほか、中台や欧米で展開、消費者向けの製品市場を開拓する。今後3年間で100万台の販売を目指す。

日本でもビックカメラの店頭などで低価格3Dプリンターを発売した

日本でもビックカメラの店頭などで低価格3Dプリンターを発売した

新金宝傘下のXYZプリンティングが製造販売する卓上型の3Dプリンター「ダヴィンチ1.0」の価格(税込み)は6万9800円。日本の店頭で売られている従来の3Dプリンターの半額以下の低価格帯となる。

今年から世界で本格展開に踏み切った。日本では今月、ビックカメラなどで店頭販売を始め、欧米でも4月から発売する。アマゾンや楽天市場などネット販売と合わせ、自分好みの装飾品や日用品を作りたい消費者の需要を取り込む。台湾では昨年12月、中国でも2月に発売している。

年内にも、性能を高めた新製品や無線でデータをやり取りする新製品も発売する。新金宝は世界大手の印刷機メーカーのEMSなどを手掛けてきた。グループ全体で世界65の工場と、約1600人の開発陣を有し、新製品開発や低価格化が容易になるという。培った印刷関連のノウハウを活用、いち早く3Dプリンター市場で低価格製品を出しシェアを獲得する。

新金宝を含む金宝グループは1973年に設立、現在EMSで世界3位。従業員数は10万人以上で、2013年のグループ売上高は299億ドル(約3兆円)だった。

3Dプリンターはこれまで、業務用で使われることがほとんどだった。米大手が保有していた3Dプリンターの基本特許が数年前に切れ、個人向け市場に比較的規模の小さな企業が相次ぎ参入した。

米調査会社ウォーラーズ・アソシエイツによると、世界の3Dプリンター市場は21年に12年比5倍近い108億ドルに達する見通しだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]