2019年7月18日(木)

鴻海、新規事業「3本の矢」に託す脱アップル依存

(1/2ページ)
2014/3/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が事業モデルの改革に挑む。台湾で2014年に過去最大の1万5千人を採用すると発表。ソフトや半導体、通信など主に3つの新規事業に振り向ける。最大顧客の米アップルに依存した成長が限界を迎えるが、鴻海は力強い成長力を取り戻せるのか。

■給与、グーグルの2~3倍

「グーグルからの採用通知を持ってくれば、当社は2~3倍の給与で雇う」。12日、台北近郊の新北市の工業団地内にある鴻海の本社。郭台銘董事長は記者会見で、優秀な人材獲得にかける意気込みをぶち上げた。

台湾では旧正月(春節)休み明けから企業の採用活動が本格化。郭氏は「今年は1万5千人を採用する」と強調、台湾の社員は現時点より3割強多い約6万2千人に急増する計算だ。ただ郭氏が望むのは単純作業の労働者でなく、大半が研究開発部門の技術者。米グーグルの台湾法人も100人を募集していることを聞きつけ、ライバル意識をむき出しにする。

技術者の振り向け先は相次ぎ参入している新規事業だ。主な新規事業は3分野ある。13年6月には米非営利団体のモジラ財団と提携し、スマートフォン(スマホ)向けの基本ソフト(OS)「ファイヤーフォックス」などの共同開発に参入。10月末には台湾の第4世代(4G)の高速通信サービスの免許を落札。通信事業者(キャリア)として15年からサービスを開始予定だ。

半導体の設計・開発を手掛ける虹晶科技(ソクレ・テクノロジー)も、グループ会社を通じて5月をメドに吸収合併する公算。同業大手の聯発科技(メディアテック)と同じく、スマホ用の半導体開発などを視野に入れているもようだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。