2018年7月17日(火)

コーヒー国際価格、2年ぶり高値 ブラジル不作懸念

2014/3/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ブラジルが主産地のコーヒー豆「アラビカ種」の国際価格が上昇し、約2年ぶりの高値を付けている。現地の高温や乾燥で生産が減るとの観測が強まっているためだ。先物市場には値上がりを見込んだ投機資金が流入している。国際価格の高値が続けば、国内のコーヒーの小売価格が今後、引き上げられる可能性もある。

 レギュラーコーヒーに使うアラビカ種の指標となるニューヨークのコーヒー先物価格は現在、1ポンド200セント強。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報