2018年10月18日(木)

ウエアラブルの未来図、五感の能力高める
安田豊・KDDI研究所会長

(1/2ページ)
2014/3/15 7:00
保存
共有
印刷
その他

身につけて使う「ウエアラブル端末」の開発競争が激しくなっている。今年1月に米国で開催されたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)でも、2月にスペインで開催されたMWC(モバイル・ワールド・コングレス)でも、この分野の話題でもちきりだった。

1975年京大工・大学院卒、KDD入社。デジタル衛星通信の研究開発に従事。移動通信のシステム開発などを経て03年KDDI執行役員。11年にKDDI研究所会長に就任。

1975年京大工・大学院卒、KDD入社。デジタル衛星通信の研究開発に従事。移動通信のシステム開発などを経て03年KDDI執行役員。11年にKDDI研究所会長に就任。

一口に「ウエアラブル」と言っても機能は様々だ。そのまま通信ネットワークにつながるタイプのものもあるが、ブルートゥースやWi―Fiなどのローカル無線でスマートフォン(スマホ)のような通信端末に接続され、スマホを介してネットにつながるタイプのものも多い。

体への装着タイプとしては、少し前までは米グーグルが開発中の「グーグルグラス」のようなメガネ型のものと、腕時計型(リストバンド型)のものが中心だった。最近は、頭にかぶるカツラ型とか肌着への組み込み型などの取り組みも発表されている。さらに、犬猫などのペットにつけるウエアラブル端末もあるようで、バリエーションが拡大している。

これらのウエアラブル端末については、すでにいろいろなところで今後の方向性なども示されている。その基本的な使い方をもう一度整理してみると、ディスプレーを含めた情報の入出力装置としての活用を主眼にするものと、センサーとしての活用を主眼にするものとに大別される。

センサーといっても多様であるが、主に人の健康などに関わる身体のいろいろなデータを収集するものがまず挙げられる。また、人の周辺のいろいろな情報をカメラや各種センサーで収集して、それを便利に活用するタイプも多い。

私が過日参加した、高度道路交通システム(ITS)に関連する「インターネットITS協議会(IIC)」の幹事懇親会の場では、「車もウエアラブル端末の一つ」という意見が出て盛り上がった。

確かに、自動車にはもともといろいろなセンサーが組み込まれている。かつ運転席近くにカーナビゲーションシステム用ディスプレーが用意されているので、前述のウエアラブル端末の使い方との共通点は多い。自動車は、人が中に入り込むタイプの大きなウエアラブル端末と考えていいのかもしれない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報