/

この記事は会員限定です

ウエアラブル端末開発の拠点 福井県、鯖江にIT企業誘致

[有料会員限定]

福井県は眼鏡のように身につけて使用するIT(情報技術)機器、ウエアラブル端末産業の育成に乗り出す。鯖江市の河和田地区に機器開発やソフト制作に取り組む県外企業を誘致し、眼鏡フレーム製造などを手掛ける地元企業との連携を促す。オフィスには空き家を活用する考えだ。

県は2014年度から市町と共同で県内に進出する県外IT企業に助成を始める。眼鏡フレーム産地として知名度のある鯖江市を眼鏡型ウエアラブル端末開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン