九州・沖縄のテーマパーク、価格戦略に知恵 増税に機敏に対応

2014/3/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州・沖縄のテーマパークや遊園地が、4月の消費増税を機に価格戦略で知恵を絞っている。大分県日出町のサンリオのテーマパーク「ハーモニーランド」は4月下旬から年間パスポートの料金を3割近く引き下げる。熊本県阿蘇市の「阿蘇カドリー・ドミニオン」も動物ショーの観覧料を別料金にすることで入園料を3割安くする。4月以降に値上げする例が多いなか、差別化で顧客獲得を狙う。

ハーモニーランドは1991年4月の開園…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]