/

この記事は会員限定です

「コンビニ経済圏」で食品稼ぐ カルビーやプリマハム最高益

[有料会員限定]

コンビニエンスストア市場の拡大が、自主企画商品や総菜などを供給する食品メーカーの業績を押し上げている。カルビーやプリマハムは本業のもうけを示す営業利益が従来予想を上回り、2014年3月期に最高益を更新する公算が大きい。成長を続ける「コンビニ経済圏」の恩恵を受ける形だ。

食品メーカーは円安による原材料価格の上昇が収益の重荷となっているが、コンビニと組む企業は業績を大きく伸ばすところが目立つ。コンビニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン