/

この記事は会員限定です

スマホ需要一巡、安売り競争が過熱

[有料会員限定]

過剰とも見える安売り競争の主因はスマホ需要の一巡だ。携帯大手3社の2013年度の携帯販売台数は4年ぶりに前年を下回りそうだ。契約者増にはライバルの顧客を奪うことが不可欠だ。

MNPで獲得した契約者が最初の2年間にもたらす利益は少ないが競争上優遇策は欠かせない。この商法を逆手に取り2年ごとに携帯会社を渡り歩いて割安にスマホを使い続ける人もいる。

業界からも危ぶむ声が上がる。「安売りの過熱で(携帯大手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン