/

この記事は会員限定です

新潟のメーカー各社、食品安全を強化 国際規格取得へ

[有料会員限定]

新潟県内の食品メーカーが食品の安全管理に関する国際規格「FSSC22000」の取得に動き出した。大手小売業がメーカーに安全管理の強化を求め、規格取得が取引の条件になりつつあるからだ。昨年末に群馬県の冷凍食品工場で起きた農薬混入事件で食品メーカーの安全管理が問い直される中、信頼を確保する狙いもある。

FSSC22000は食品の安全管理に関する国際規格で、食品メーカーに対して異物混入の防止など衛生管理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン