シェールガスから化学品原料 三菱化学や産総研が新技術

2014/2/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新しい天然ガスのシェールガスから、樹脂や塗料の原料を製造する技術開発が相次いでいる。石油から安価なガスへ原料が切り替わりつつあり、国内の企業や研究機関がいち早く製造法を刷新する。2016年ごろからシェールガスが本格普及するのに合わせ、技術革新で世界をリードする。

三菱化学はエチレンから直接、樹脂や塗料の原料になるプロピレンを作る触媒を開発した。シェールガスからは安価なエチレンが大量に製造できる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]