/

三菱重、民間航空機の営業益2.6倍に 14年3月期

総合重機各社の航空機事業で米ボーイングの最新鋭機「787」が利益に貢献し始めた。三菱重工業の2014年3月期は民間航空機の営業利益が約190億円と前期の2.6倍に増えるもよう。川崎重工業やIHIも部門利益が拡大する。787の商業運航開始から約2年が経過。各社とも量産体制に入り、償却費などを吸収できる収益体質になりつつある。

三菱重の連結営業利益は16%増の1900億円を見込む。民間航空機は全体の1割を占める見通しで、前期の4%に比べて利益全体に占める比率が大きくなる。三菱重は787の主翼を手掛けており、ボーイングの機体工場に輸出している。13年末までに月10機の量産に入ったことに加え、円安も利益を押し上げる。

軽くて強い炭素繊維複合材を使うため、専用の生産設備に数百億円規模で投資してきた。これまでは787の計画延期が重なり、07年に初号機向けを出荷してからも生産量が増えず、償却費の負担が重荷となっていた。

787の前部胴体を担当する川重も航空機事業(防衛省向けなども含む)の営業利益が7割増えるほか、787のエンジン部品を手掛けるIHIは9割増える。

ただ、格安航空会社(LCC)などからボーイング社に航空機の値下げ圧力が高まっている。この余波でボーイング社が日本メーカーに製造コスト引き下げを求めているもようで、収益拡大の新たなリスク要因になりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン