危機管理3つの誤算 マルハニチロ農薬混入の教訓

(1/2ページ)
2014/2/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マルハニチログループの冷凍食品への農薬混入事件発覚から約2カ月。後手に回った対応でブランドは失墜し、ホールディングス(HD)社長の引責辞任に発展した。グループ会社への統治が利かず、対応が遅れた構図は、カネボウ化粧品の白斑被害の場合と似ている。マルハニチロの危機管理の実態を検証した。

未然防止と早期発見、事後対応――。3段階ある危機管理について「マルハニチロHDではすべてがうまく機能しなかった」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]