/

この記事は会員限定です

日本の開業率、米英の半分以下 産業の新陳代謝進まず

[有料会員限定]

廃業が増える一方で、新規開業の動きは緩慢だ。中小企業庁によると、2012年度の開業率は4.6%にとどまり、米国や英国の半分以下。政府は米英並みに開業率を上げる目標を掲げているが、現状は今ある事業をうまくつなげるための取り組みの方が先行している。

政府は昨年まとめた成長戦略で中小企業の新陳代謝の促進を掲げた。ただ、SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「日本は起業に失敗した人を批判的に見る傾...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン