真岡鉄道、SLに揺られ地酒飲み放題のイベント

2014/2/22付
保存
共有
印刷
その他

真岡鉄道(栃木県真岡市)は蒸気機関車(SL)にけん引された客車内で地元栃木県産の日本酒が飲み放題となる初めての企画を開催する。「臨時夜行 樽酒SL走る!」と題し、3月2日に実施する。早春の沿線の風景を眺めながら、日本酒を楽しめる珍しいイベントとして集客を狙う。

SLは真岡駅を午後5時半に出発し茂木駅で折り返して再び真岡駅に午後7時59分に戻る。客車内に外池酒造店(益子町)の日本酒「燦爛(さんらん)」のたるを積み込み、おつまみとともに日本酒を自由に飲むことができる。

先着順に120人を募集する。参加費は4800円とする。お酒が飲めない人でも乗車券分の3500円を払えば乗れる。乗車記念に升や硬券切符がプレゼントされる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]