/

この記事は会員限定です

食品大手、安全管理強化へ国際規格取得 キユーピーなど

[有料会員限定]

大手食品メーカーが製品の安全管理を強化するために国際規格「FSSC22000」を相次ぎ取得する。キユーピーは2015年をめどに約90カ所ある国内外のほぼ全工場で認証を受ける方針。欧米系の大手小売りや外食業が取引先に規格取得を求める例が増えている。マルハニチロホールディングスのグループ会社製品に農薬混入事件が起きたこともあり、さらに関心が高まりそうだ。

FSSC22000はオランダの食品安全認証財団...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン