/

この記事は会員限定です

五泉の水売り込め、市内の企業がタッグ 自前の工場4月稼働

[有料会員限定]

五泉市の企業が中心となり、山の湧き水をペットボトルに詰めて販売する取り組みが本格化する。これまで製造を外部委託してきたが、4月には自前の工場が稼働する見通しで、製造コストが大幅に低下する。山に囲まれる自然豊かな五泉の水を前面に出し、地域振興に役立てる狙いだ。

事業の拠点は、五泉市中心市街地から車で15分ほどの場所にある菅名岳の麓。まろやかな味が特徴の「吉清水」と呼ばれる湧き水が湧き出ており、水くみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン