親子間贈与に税務署の目 上手なもらい方とは

(1/3ページ)
2014/2/22 7:00
保存
共有
印刷
その他

子どもや孫が父母、祖父母から生活費の援助を受けることは珍しくない。教育資金や住宅購入資金をもらうケースもよくあるようだ。ただし、上手にもらわないと子や孫には贈与税がかかる。贈与税がかからないもらい方とは……。

「お金持ちの税金」。贈与税にはこんなイメージがつきまとう。確かにそうした面はあるが贈与税は誰にでもかかりうる税金だ。しかも財産をもらった人が支払う仕組みなので、もらう側が子育て世代だと家計に響く。できれば贈与税がかからない形でもらいたい。どうすればよいだろう。

贈与税は1年間(1月1日~12月31日)にその人が贈与を受けた財産の合計額にかかる。贈与税をゼロかできるだけ少額に抑えるポイントは「非課税制度や控除枠をフル活用すること」(税理士の藤曲武美氏)だ。

まず知っておきたいのが、子や孫が父母、祖父母から生活費や教育費、結婚費用、出産費用などの援助を受ける場合は原則非課税になること。父母、祖父母は子や孫を扶養する義務がある。義務を果たすために贈ったお金への課税はなじまないからだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

相続を読み解く最近の人気記事

関連キーワード

電子版トップ



[PR]