/

この記事は会員限定です

相場操縦100銘柄弱か 監視委、海外ファンドに課徴金勧告へ

[有料会員限定]

証券取引等監視委員会は17日、海外ファンドのセレクト・バンテイジに対し、金融商品取引法に基づく課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告する方針を固めた。中国拠点のトレーダーが日本企業2社の株価をつり上げるなど相場操縦で、不正に利益を得ていた。ほかの銘柄でも同様の操作を繰り返し、100銘柄弱という異例の規模で操作していた疑いもある。今回の勧告だけにとどまらない可能性が大きい。

監視委は18日にも課徴金を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン