スマホ画像が「シースルー」 埼玉大が拡張現実技術

2014/2/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

埼玉大学の小室孝准教授らは、現実空間にネット情報を重ねて表示できるAR(拡張現実)の新技術を開発した。スマートフォン(スマホ)やタブレット端末をかざすと、画面に映し出される光景が直視した時と向きや大きさが同じになるようにした。画面内では手で「仮想ボール」に触れて動かすこともできる。スマホが透明ガラスのようなシースルー感覚になるという。

企業と連携して早期の実用化を目指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]