/

この記事は会員限定です

サンドラッグがシニア向けコンビニ 都内に年20店ペース

[有料会員限定]

ドラッグストア大手のサンドラッグはシニアが好む日用品や食品をそろえたコンビニエンスストアを本格展開する。実験店2店舗の販売が目標を上回ったため、都内を中心に年間20店ペースで出す。今後500店超を出せるとみている。厳選した化粧品や薬、管理栄養士が提案する弁当などをワンストップで買える点をアピールし、膨らむシニアの需要を開拓する。

生活必需品を身近な店舗で買いたいというシニアのニーズは強い。セブン―...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン