/

この記事は会員限定です

年金、制度再設計急務に 国民年金基金保険料上げ

[有料会員限定]

国民年金に上乗せして年金を支給する国民年金基金が保険料を引き上げるのは、年金財政の厳しさを表している。企業年金の一種で、厚生年金に上乗せ支給する厚生年金基金の大半を廃止する法律も今年4月に施行する。少子高齢化で国民年金や厚生年金など公的年金の支給額の減少は避けられない。老後の生活をどう保障するのか、制度の再設計が急務になっている。

国年基金や厚年基金の財政が厳しくなったのは、過去に高い利回りを加入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン