/

この記事は会員限定です

三木谷・孫氏、対照的な「ネット企業世界一」戦略

[有料会員限定]

楽天がスマートフォン用無料通話アプリ大手のバイバー(本社キプロス)を9億ドル(約920億円)で買収する。通信サービスの世界戦略では米スプリント・ネクステルを傘下に収めたソフトバンクが先行しているが、楽天は3億人の利用者を持つバイバーの買収で追いかける。楽天の三木谷浩史社長もソフトバンクの孫正義社長も目指すは「世界一のネット企業」。だがその戦略は対照的だ。

三木谷社長はバイバー買収を「プロジェクト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン