/

この記事は会員限定です

日本酒で乾杯、定着へ道半ば 京都市の条例施行1年

[有料会員限定]

京都市が全国に先駆け制定した、日本酒での乾杯を促す条例の施行から約1年が過ぎた。日本酒などの消費拡大を狙い同様の条例を設ける動きは全国に広がり、地元の酒を生かして地域活性化につなげる取り組みも増えている。消費を下支えする効果は出てきたが、酒以外の地域の産業への波及は弱く、次の一手が重要になる。

条例の周知などを目的に8日、日本酒ファン約90人を乗せた電車が京阪電気鉄道三条駅(京都市)を出発した。貸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン