/

この記事は会員限定です

大分のサークル・ワン、防災用の小型IP無線機を開発

[有料会員限定]

業務用通信機などを手掛けるサークル・ワン(大分県別府市、一丸敏雄社長)は主に防災分野での利用を想定した携帯用の小型IP無線機を開発した。防水・防じん機能や全地球測位システム(GPS)を備え、乾電池でも使用できる。携帯電話網を利用するIP無線機はタクシーやトラックなど車載用の販売が増えているが、同社は今後、防災用にも力を入れる。

開発した小型IP無線機の大きさは携帯電話機とほぼ同じ。同社の従来の可搬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り478文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン