2018年8月20日(月)

大分のサークル・ワン、防災用の小型IP無線機を開発

2014/2/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 業務用通信機などを手掛けるサークル・ワン(大分県別府市、一丸敏雄社長)は主に防災分野での利用を想定した携帯用の小型IP無線機を開発した。防水・防じん機能や全地球測位システム(GPS)を備え、乾電池でも使用できる。携帯電話網を利用するIP無線機はタクシーやトラックなど車載用の販売が増えているが、同社は今後、防災用にも力を入れる。

 開発した小型IP無線機の大きさは携帯電話機とほぼ同じ。同社の従来の可…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報