山型食パン自動で丸く レオン自動機、新ライン開発

2014/2/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品加工機械メーカーのレオン自動機はパン上部が山型をした食パンの自動成形ラインを開発した。山型食パンは柔らかく口当たりの良い食感に仕上げるため、四角形の食パンに比べて生地内のガスの残量調整などが難しかった。人の手を使わず均一に丸める技術を開発し製品化した。高品質のパンの需要が高まるとみて、初年度は20台の売り上げを見込む。

新型製パン機「VR山型食パン成形ライン」を開発した。全長6.2メートルの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]