2017年12月14日(木)

電子書籍の「F1」狙う村上龍氏 音・映像でワクワク感

(1/2ページ)
2014/2/16 7:00
保存
共有
印刷
その他

 作家の村上龍氏が電子書籍分野で突出した動きを見せている。自ら専門会社を経営し、電子化した作品は10を超す。9万3千の会員を持つメールマガジンを通じ、小説の無料配信にも乗り出した。先駆者的な存在の村上氏。何が有名作家を駆り立てるのか。本人に話を聞いた。

 ――長編小説「歌うクジラ」を電子書籍にして3年以上がたちます。

電子書籍に先駆的に取り組んだ作家の村上龍氏

電子書籍に先駆的に取り組んだ作家の村上龍氏

 「合計4万2千ダウンロードと『歌うクジラ』は成功だった。その後、既刊本を電子化しても売り上げが伸びず悩んだ時期もあったが、興味深い発見をした。それは『(紙の)単行本はなかなかいい』ということ。手にとったときの質感、たたずまいは捨てがたい。電子書籍というものを知って改めてそう感じた」

 「例えば、昔のレコードは大きくてジャケットも存在感があった。しかしアイチューンズで音楽をダウンロードすると(ジャケットは)切手くらいの大きさで、ライナーノーツ(解説文)もない。デジタルは効率的ではあるが、貴重なたたずまいが失われてしまう」

 「電子書籍も単にテキスト(文章)をデジタル化するだけなら、たたずまいがなくなる。そうではなく、本の中身を象徴するようなアニメーション、表紙や目次の見せ方の工夫などで、電子でも紙の本の魅力を別の形で表現できるのではないか、と思った。それが僕の得たアプローチだ」

 ――テキストに音や映像を組み合わせるリッチコンテンツ化には手間ひまがかかりますね。

 「すごく面白い。メルマガで配信する小説『MISSING 失われているもの』は、テキストと画像(主に村上氏が撮った写真)が連携する。画像があるからその分は描写しなくてすむ、といったことを考えながらやっている」

 ――40年近い作家生活で最も緊張する作品と聞きますが。

 「これほどダイレクトに作家から読者に作品が届くしくみはない。新聞や週刊誌の連載でも書き下ろしでも、ふつうは編集や校閲、印刷など(作家と読者の)間に人も作業もいっぱい入る。メルマガなら全部すっ飛ばしだ。きのう書いたものをきょう配信するといったスピード感がある」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

村上龍アイチューンズ電子書籍アップル



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報