/

この記事は会員限定です

フクシマの子供を守れ 内部被曝を丸ごと測る新装置

編集委員 滝順一

[有料会員限定]

世界にも例がない、乳幼児専用の高精度な内部被曝(ひばく)検査装置が誕生した。開発したのは東京大学の早野龍五教授を中心とした産学の共同チームだ。「BABYSCAN」は福島県平田村のひらた中央病院の震災復興支援放射能対策研究所に導入され、昨年12月から検査に使われている。これまでに検出限界(全身で50ベクレル)を超えた子どもは見つかっていない。装置開発の背景などを早野教授に聞いた。

直接測れないことに納得しない親もいた

――乳幼児専用に開発した背景は。

「約2万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン