2019年8月24日(土)

介護2割負担、対象は50万人 現役世代になお重荷
15年8月から

2014/2/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は介護保険の自己負担増を柱とする医療・介護制度の見直しに乗り出す。2015年8月から所得の高い人を対象に、介護の自己負担を00年に制度が創設されて以来初めて1割から2割に引き上げる。ただ、負担が直接増える人は現在介護を受けている人全体の10%、50万人程度にとどまる見込みで、介護費用の拡大に歯止めはかからない。現役世代の負担増の抑制にはなお課題が残る。

政府は12日に「地域における医療・介護…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。