/

この記事は会員限定です

光コーポ、ウナギ稚魚の品種をDNAで一括鑑定

[有料会員限定]

食品の冷凍加工販売や検査を手掛ける光コーポレーション(磐田市、田代幹二社長)は、海外から輸入したウナギの稚魚の品種をDNA鑑定するサービスを始めた。低コストでできる独自の方法で鑑定し、証明書を発行して仲買、養殖、小売業者や専門店で保証できるようにする。ウナギの資源枯渇や産地偽装が問題になる中、トレーサビリティー(生産履歴の追跡)ができるようにする。

稚魚のシラスウナギを輸入する時、税関で1キログラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン