2019年1月22日(火)

国立京都国際会館の新ホール、5000人規模に 将来的に増築へ

2014/2/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国立京都国際会館(京都市)の新たな多目的ホールの整備に関し、収容人員について京都市が国に要望していた5千人規模になる可能性が出てきた。現在の計画は2018年度に2500人規模の新ホールを完成させるとしているが、将来的に増築などで規模を拡大させる見通しだと複数の関係者が6日明らかにした。他都市のコンベンション施設に比べ規模が小さい施設の拡張が実現すれば、会議の誘致促進などに弾みがつきそうだ。

19…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報