2019年9月18日(水)

栃木のトーセン、山形でバイオマス発電 3森林組合と連携

2014/2/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国産製材大手のトーセン(栃木県矢板市、東泉清寿社長)は山形県鶴岡市で木質バイオマス発電を始める。同県の3森林組合などと組み、鶴岡市の工業団地で17億円投資して木材チップを熱源とした発電事業に取り組む。未利用材や木くずは製紙用などの利用に限られていたが、熱源として使い、電力に変えることで付加価値の高い活用モデルを発信する。

同社は栃木県内のほか、群馬県や福島県、新潟県にも関連企業や組合をもつ。新潟…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。