上品・知的だけじゃない お茶の水大、女性リーダー育む

(1/5ページ)
2014/2/9 7:00
保存
共有
印刷
その他
 お茶の水女子大学(東京・文京)は1875年(明治8年)に東京女子師範学校として創立以来138年間、女性リーダー育成を教育方針に掲げ、多数の有能な人材を輩出してきた。女性の社会進出が広がる中で、女子大へのニーズは変化している。男女協働の時代に求められる女性リーダーの育成をめざす"老舗女子大"に焦点を当てた。

「共同生活なんだから黙ってちゃダメ」。文教育学部2年の二ノ宮まりさんは、後輩にまず、こう声を掛ける。3年前にできた学生寮「お茶大SCC」での光景だ。

寮生は50人。1つの部屋を5人がシェアして暮らす。ベッドや勉強机は個別の空間が確保されているが、テレビを見たり食事をしたりするのは5人共同のスペースだ。共同生活を始める当初は各人が思う「常識」の違いに戸惑うことの連続だ。

かつての古めかしい学生寮が敬遠される中で、お茶大はあえて新たな形式の学生寮を設けた。「寮生活がリーダーシップへの最初のチャレンジの場になる」(学寮アドバイザーの北沢泰子さん)と考えたからだ。

「真面目で優秀だけどおとなしい」――。お茶大生の自己評価は外部の印象とも重なる。リクルート進学総研の女子高校生調査でも「上品で、知的で、落ち着いた」イメージが定着している。

逆に、組織を切り盛りしたり、自己主張したりする印象は薄い。お茶大生も半数以上は卒業後に社会に出て働く。「真面目で優秀」なだけではリーダーになれない。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]