阪大、ペンの持ち方で個人認証

2014/2/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 大阪大学の八木康史教授らは、署名する時のペンの持ち方の特徴から個人を識別する技術を開発した。指紋の形や瞳の色で識別する従来技術に比べて偽造しにくく、建物の入退室管理などに使える。企業と協力して実用化を目指す。

 署名する動作をカメラで撮影し、ペンを持つ手の形やペンの傾きの特徴を捉える。95%の確率で本人を正しく識別できる。金融機関のATMなどに使う指紋や瞳の色を読み取る識別法は、樹脂や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

八木康史大阪大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:00
関西 7:00
6:17
中国 7:01
7:00
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報