クックビズ、「食」業界に経営幹部紹介 脱デフレへの転換支援

2014/2/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人材サービスのクックビズ(大阪市、藪ノ賢次社長)は2月末、外食や食品メーカーなど「食」に関連する業界に特化した経営幹部の紹介サービスを始める。飲食業界はアベノミクスを背景に賃金が上昇に転じ、脱デフレに対応した企業戦略への転換が課題となっている。マーケティングや新規事業立ち上げなどの経験を持つ幹部人材を供給して、企業の戦略転換を支援する。

年収500万~1200万円を中心にした求人サイト「FOOG…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]