アサヒ、「カルピス」生産1割増 45億円投じ

2014/2/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アサヒグループホールディングスは乳酸菌飲料「カルピス」の生産能力を4月から1割高める。傘下の事業会社であるカルピスが約45億円かけて主力拠点の製造ラインを刷新する。サントリー食品インターナショナルもミネラル水を増産する。消費増税後は消費者の生活防衛意識の高まりで、定番の商品に需要が集まる可能性がある。各社は主力商品の販売拡大を見据え、供給力を増やす。

カルピスは群馬工場(群馬県館林市)で「カルピ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]