トヨタ労組、一時金要求は6.8カ月分に 235万円超

2014/1/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車労働組合(鶴岡光行執行委員長)は28日、2014年の春季労使交渉の一時金について基準内賃金の6.8カ月分を要求する方針を固めた。金額換算すると235万円超で、昨年の獲得実績(205万円)を大幅に上回る。ベースアップにあたる賃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]