/

「バナナ彫刻」のリアルな顔で脱力の輪

山田恵輔

絵を描くのは得意だったが、まさか自分がバナナを彫るようになるとは思わなかった。僕は「バナナ彫刻師」とか「バナナ職人」とか呼ばれていて、ネットで見たという方もいらっしゃるかもしれない。皮をむいたバナナの実に細かく彫刻するのである。

今年の干支にちなんで彫った「馬」

少し熟したものを使用

写真は今年の干支(えと)にちなんで彫った「馬」だ。どういう道具で彫ったかというと、わが家の台所にあった平たいスプーンと先端を薄く削った爪ようじ、以上である。デザインナイフなどを使うのもいいが、手近にあるありきたりな道具だけでやった方が面白いと僕は考えている。

バナナは青いものよりも、少し熟して皮の表面に「シュガースポット」と呼ばれる斑が出てきたものが適している。実が堅いより、柔らかくなってきたほうが彫りやすいからだ。実を支えるために一筋だけむき残し、それから彫り始める。

制作中の筆者(山田恵輔さん)

まず全体の輪郭を作る。スプーンをさくさく入れて実を大きく削り取る。削った実はもちろん捨てたりしない。食べる。削っては食べ、削っては食べを繰り返すので、申し訳ないが作品は汚い。そこのところは忘れて見ていただきたい。

大体の形を整えたら、細部に入る。爪ようじを使って、ミリ単位で線を刻んでいく。そうこうしているうちにバナナが茶色くなってくる。そこではけでレモン汁を塗る。こうすると変色を遅らせられるのである。

バナナの実をあまり深く削ることはできない。バナナを輪切りにしたときの中心部分(もともとはここに種があったらしい)はゼリー状になっていて、彫刻には適さない。表面から1センチメートルちょっとのところまででどんな形が作れるかが勝負なのである。

作品によって制作時間は1時間から3時間ぐらい。下絵は描けないので、失敗の連続だ。僕が作品をネットで発表し始めたのは2012年だが、お見せできているのは30作品ほど。でもその背後には、バナナの木何本分かの失敗がある。

「マジギレバナナ」。怒った表情を彫った
ちょっと怖いけど「笑顔」

「バナナ職人」誕生

なぜこんなことを始めたのかというと、それには個人的な事情がある。僕は滋賀県彦根市に生まれ育った。友人もみんな地元にいる。ある日、高校卒業後に仲良くしていた友人とけんかをして絶交してしまった。仲間がいなくなると、休日にすることがない。ゲームをしたり、映画を見たりしてもひとりぼっちではつまらない。

あるときリビングのテーブルにバナナを見つけた。「皮むいて顔が出てきたらおもろいやろな」と空想し、戯れに自分で顔を作ってみた。寂しかったので、笑顔を彫った。それが最初だ。

それから1年ほどして、ふと思い立ち、イラストを投稿するSNS(交流サイト)の「ピクシブ」に作品画像を掲載した。すると1万アクセスというものすごい反響があった。誰かが僕のことを「バナナ職人」と呼び、「もっと作品が見たい」というコメントをたくさんもらった。励みになり、映画やアニメのキャラクター、ゆるキャラなどを作っていった。最近は記者会見で「借用書」を掲げた政治家とか、時の人も彫った。

一番うれしかったのは、東日本大震災の被災地を応援する気持ちを込めて竜を作ったときだ。「東北がんばれ」というメッセージを添えて作品を発表すると、それを見た人から「笑顔になれた。ありがとう」というコメントをもらった。

世界のメディアも注目

ネットの向こうに、自分が作ったものを喜んでくれる人がいることが不思議だった。友人とけんかした後、「人生には何も楽しいことなんかない」と思っていたネガティブな気分はいつしか消えていた。満たされない気持ちをバナナにぶつけたら、そのバナナが僕を暗い穴から救い出してくれたのだった。

「ソフトクリーム」。柔らかさを表現
「めっちゃ皮食べる人」。皮も作品の一部に
「サメ」。バナナの湾曲を生かしている

英国の新聞社やブラジルのテレビ局、ドイツのネットメディアなどが取材に来た。バナナの輸入販売会社が「これを使ってください」と160本もプレゼントしてくださったこともある(うれしかったが、できれば一度にではなく、分けて送ってほしかった)。思いもかけないご縁をとてもありがたく思っている。

本物の彫刻をする人や、フィギュアを制作するような人なら、きっと僕なんかよりも巧みにバナナを彫れるだろう。でも僕は人と競争するのは苦手だし、そもそもこんなことで腕を競い合っても仕方がない。

僕は自分のペースでゆるゆると作品を作りながら、ちょっとずつ仲間を増やしていきたい。地元でワークショップとかもできたら面白いだろう。バナナを彫るのは楽しいし、お通じが良くなる余得もある。脱力と笑顔の輪を広げていければと思っている。(やまだ・けいすけ=会社員)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン