改正タクシー特措法施行 長野県内各社、対応急ぐ

2014/1/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タクシーの供給過剰地域で最低運賃引き上げなどを事実上、義務付ける「改正タクシー事業適正化・活性化特別措置法(特措法)」が27日施行され、長野市などのタクシー業界が対応を急ぎ始めた。運賃などを協議するため関係者は地域協議会を再組織。減車の実施時期は不透明になったが、乱立する中小メーカーの合併・統合が進む県内では再編機運の加速予想も強く、各社は介護や観光に特化したサービスなどで活路を探る構えだ。

■長

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]