/

この記事は会員限定です

伊藤園、ITで緑茶の品質向上 センサーや衛星で茶畑管理

[有料会員限定]

伊藤園は緑茶の茶葉のばらつきをなくし品質を高める生産の仕組みを取り入れる。畑に特殊なセンサーを設置、人工衛星の画像と組み合わせ生育を効率よく管理。摘み取り時期などを適切に把握する。2016年から本格採用し、緑茶飲料「お~いお茶」用に年2万トン使う茶葉に占める安定した品質の茶葉の比率を現在の約1割から3~4割に高める。

茶畑には住宅の防犯カメラと同じくらいの大きさの特殊なセンサーを100ヘクタール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン