/

この記事は会員限定です

うめきた発の新事業相次ぐ 技術交流拠点、装着型おもちゃなど

[有料会員限定]

JR大阪駅北側の再開発地区「うめきた」にある産官学の技術交流拠点「ナレッジキャピタル」から新事業が続々と生まれている。デジタル機器やスマートフォン(スマホ)向けアプリなどIT(情報技術)分野を中心にベンチャー企業の設立が相次ぎ、起業促進を狙った拠点設立の成果がじわりと出始めた。「自社にないアイデアが見つけられる」と大手企業にも刺激を与えている。

ナレッジキャピタルは昨年4月、大阪駅北側の複合施設「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン